みなさまこんにちは(^^)
霊波之光 名古屋礼拝所のわんちゃんです。
今日もブログを見てくださり、ありがとうございます。


先日、生まれてこの方(笑)初めて
『金粉』を見ました。


信仰を学んでいる中で金粉の話は耳にしていました。
ところが私は金粉というものは、小石のようなサイズ感だと思っていたので(←金"粉"と書くのに何故か石だと勘違いする人)

「金粉が肩に付いていた」という話を聞いても
「へぇ〜〜すごいなぁ、そういう事ってホントにあるんだなぁ」と思いつつ、

「えっ??金が??小石サイズのものが??肩に??付く??え???え???」と(笑)、
内心クエスチョンマークだらけと言いますか、すごいと思いつつも金粉現象自体をどこかで信じきれていない部分がありました(←反省)


ですが、そんな自分のぼんやりした思いが確信に変わった出来事が9月7日の、
映画『聖神』上映会当日に起きたのです。

映画上映などの全てのプログラムが終わり、会場の方々が捌け始めたとき、所長さんが
『みなさん、会場の通路が金粉だらけですよ』と仰られました。

会場の方がザワザワし始め、みなさん金粉が出た場所を確認されていて、
私も、金粉をこの目で見てみたい、、!と、居ても立ってもいられずせかせかと確認しに行ったのですが、


ほんとにあったんです。(((動揺)))
この目で確認できました。


「ほ、ほんとに金粉だ〜〜!」と大興奮しつつ心の中で「小石じゃなかった〜〜!(汗&反省)」などと思っておりました。

金粉は見た目こそ、ラメのような細かさだと感じたのですが、輝き方がラメとは比べ物にならないほどキラッキラしていました。

そのあと、
興奮冷めやらぬまま会場から出た際、同じ班の方にお会いしました。

私が「初めて金粉を見ました!」と興奮状態で話すと班の方は、

「金粉を見せていただいたということは、神という存在を嘘なのか本当なのかなど考えずに”素直に私について来なさい”と御守護神様が仰られているという事なんだよ」

とお話ししてくださいました。

私は”素直について行く”という事など、当たり前に出来ていると思っていましたがそうではなかったという事に今回気付かせていただきました。

毎日お祈りをさせていただいていても、一日を過ごす中で「大丈夫かな、不安だな」と迷いの心に支配されてしまう事が多々あったり、
すぐに心を切り替えれず、モヤモヤを抱きながら過ごしてしまうときがあります。

そういうときに、無理矢理ポジティブになろうとしたり、ズルズルと迷いの心を引きずるのではなく、一刻も早く心の中で
「御守護神様、御守護神様、…」とお祈りさせていただくことが"素直について行く"という事の第一歩なのだな、と思いました。

今回の貴重な体験が、今後生活する中でも糧になりそうです(^^)

お読みいただきありがとうございました。
最後に長野礼拝所のブログをリンクします。
http://rhk-nagano.blog.jp/?p=2

何気無く目にした記事に、今の自分が必要としている言葉が記されている事ってありますよね。
ちゃんと守られ、導かれているのだなぁと思います。

 

霊波之光 名古屋礼拝所青年部

わんちゃん💫